ホワイトシーズン予約受付中

冬のタンチョウ観察・撮影プラン★コンテンツ

冬のタンチョウ観察・撮影プラン

★早朝スタートの音羽橋&給餌場1日プラン(+夕景)、★9:30釧路駅周辺のホテル送迎・三大給餌場1日プラン(+夕景)、★9:30釧路駅周辺のホテル送迎・タンチョウと冬の湿原周遊1日プラン、★早早朝4:00釧路駅周辺のホテル送迎・三脚で場所を確保プラン、天候の事がありますので数日間のご参加をされる方もいらっしゃいます。また、貸切プライベートプランは道東全域をカバーします。

ガイドの作田

タンチョウは冬は川で寝ます。寒さが厳しくなると気嵐が立ち、霧氷が河畔林に付き、幻想的な風景の中、タンチョウの一日が始まります。

ガイドの作田

全てのコースは、時期により時間が前後します。それは、なるべくベストな時間を過ごして頂きたいと言うガイドの心からの思いからです。

冬のタンチョウ観察・撮影プラン一覧

早朝スタート・音羽橋&給餌場(早朝~11:00頃まで。延長プラン有)

一番人気、殆どの方はこのツアーにご参加されます早朝に釧路駅周辺のホテルお迎え~日出に合わせ音羽橋から始まるプランです。気象条件が合えば河畔林は霧氷で 銀世界になり川からは気嵐が湧きたち、その中にタンチョウが佇む幻想的な世界をご覧頂けます。(霧氷・気嵐が無い場合もあります)その後、タンチョウの給餌場に向かいます15,400円(税込)~

早朝スタート・音羽橋&給餌場&冬の釧路湿原周遊(早朝~11:00頃一時解散、再合流~冬の釧路湿原へ)

人気の早朝音羽橋&給餌場プランに、ランチを挟み、午後に冬の釧路湿原を周遊するコースです。冬の釧路湿原はエゾシカの群れやキタキツネ、白鳥や猛禽類など見られる場合があります。更に、夕日にエゾシカの群れが走り抜けると、まるで外国の雄大な風景の様に見える事もあります。23,100円(税込)~

タンチョウ観察と冬の釧路湿原を周遊するプラン(夕日サンセットプランあり、時期により時間の変動あり)

9:30頃、釧路駅周辺のホテルお迎え~最初に釧路市湿原展望台の木道を行き、西側から釧路湿原のほぼ全景を観望・解説します~移動し、音羽橋(タンチョウの塒の解説)~鶴見台(タンチョウの給餌場)~レストランでランチ~冬の釧路湿原を周遊しながら解説~シラルトロ湖へ(白鳥や猛禽類が見られる事があり)15,400円(税込)~

三大給餌場を巡る1日プラン(+夕景シルエットプランあり)

冬はタンチョウは道東の鶴居村や阿寒町に集まって来ます。その三大給餌場を巡るコースです。タンチョウづくしにしたい方向けのプランです。9:30頃、釧路駅周辺のホテルお迎え、タンチョウの三大給餌場を巡るます。15:30頃、ホテルお送り・解散。15,400(税込)~、夕景シルエットプラン追加あり。

早早朝4:00お迎えタンチョウ撮影プラン(繁忙期は団体客が来るため2列目・3列目になる場合もあり)

2024年シーズンは催行を見合わせています。
超望遠レンズと三脚持参の方のためのプランです。釧路駅周辺のホテル4:00お迎え~移動~音羽橋で三脚を設置、車内で待機~日の出と共に撮影開始~移動~給餌場撮影~11:00・阿寒国際センター解散。バス利用~釧路駅へ。22,000(税込)~、夕日シルエット追加プランあり。

川湯温泉泊限定・冬の屈斜路湖・白鳥&野付半島(道東のスケールの凄さを感じるプラン)

川湯温泉泊限定のプランです。白鳥の屈斜路湖、冬の摩周湖、冬鳥の宝庫・野付半島は、夕日の絶景が見られる特別な場所です。見られる冬鳥は(ユキホオジロやベニマシコ、オオワシやオジロワシなど)やオスのエゾシカと海、オスのエゾシカと夕日など観察や撮影するプランも組み込めます。

予約・問い合わせ

お電話でのお申し込み

015-484-3239 へお願い致します。

9:00~16:00 まで受け付けております。

期間中無休(4月28日~10月31日)

ネットからのお申し込み・お問い合わせ

ネットからの申し込みは以下のボタンよりお願いします。